ダイバーズウォッチはマリンスポーツでの必需品

ダイバーズウォッチを身につけて海の中でもお洒落しよう

ダイバーズウォッチはマリンスポーツでの必需品

複数の時計

ダイバーズウォッチの特徴

ダイバーズウォッチの特徴は、やはり海に深く潜った場合でも強い水圧に耐えることができ、地上にいる時と同様に時計が正常に動くという頑丈さです。また、蛍光塗料を使用することにより、LEDライトなしでも暗い場所にて文字盤が光って時刻がわかることも特徴です。外観的な特徴としては、日常生活向けではなくてスポーツ系の腕時計のため、一般的な腕時計よりもスポーティーで爽やかな雰囲気であることが特徴です。

こんな人におすすめ

やはり、ダイバーズウォッチは、その名の通り、初心者ダイバーの方はダイビングの必需用品として必要なアイテムです。時計なしで潜水するのではなく、やや高額でもダイバーズウォッチを持っておきたいものです。また、腕時計をファッションアイテムとして重要視している人の場合、自身のイメージとして周囲に健康的で爽やかな印象を与えたいと思っている人もいるでしょう。そんな時は、一般的なデザインの腕時計よりスポーティーな雰囲気のダイバーズウォッチはおすすめです。特に全体的に白い色をしたデザインのダイバーズウォッチには際立った爽やかさや清涼感があります。

女性用のダイバーズウォッチもある

ダイバーズウォッチというと、一般的には男性向け商品のイメージが強いほか、デザインもユニセックスなものが多いイメージがあります。しかし女性顧客が多い高級腕時計ブランドの一部は、少しだけデザインが女性向けであったり、女性が好みそうなジュエリーが施された商品などを販売しています。そのため、最初から女性向けに特化した商品はないものだと諦めずに、好みのブランドや行きたいお店に、色々と問い合わせてみることをおすすめします。

購入した人の声

水辺のレジャーに最適な商品

一般的な時計は防水性能が低く、水濡れには気を遣いますが、ダイバーズウォッチは防水性能に大変優れているため、海やプールなど、水辺のレジャーを楽しむ際にも安心して使用できて良いです。

機能性重視で購入したダイバーズウォッチ

ダイビングをするにあたり、ずっと欲しいと思っていたダイバーズウォッチを購入しました。防水機能はもちろん、潜水時間を計測できるなど、ダイビングに必要な様々な機能が搭載されていて、実際に使ってみると本当に便利です。デザインよりは、機能性、実用性を重視して選ぶことをおすすめします。

アウトドアの際に大変便利

ダイバーズウォッチは、一般的な時計と比べて防水性能に優れているため、水濡れを気にすることなく使用でき、アウトドアの際に大変役立ちます。また、デザインも格好良くて、お洒落アイテムとしても満足しています。

ダイバーズウォッチを買う前に解決しておきたい疑問

防水腕時計とダイバーズウォッチの違いとは?

市場には防水腕時計を自称する商品とダイバーズウォッチが混在しています。では何が違うのかというと、防水時計は、ほんの少しの防水機能だけ備えたものも当てはまるのに対し、ダイバーズウォッチ100m以上潜っても問題ないレベルと極めて高い防水機能をもった防水腕時計であることが条件となります。具体的には防水時計は例えば時計をしながら家事をしている時に少し腕時計に水がかかった場合くらいでは壊れることがない、という程度のものです。そのため、低機能の防水時計で潜水をしてしまうと時計が壊れます。

ダイバーズウォッチは温泉などに入る時でも、着けたままで大丈夫なのか?

ダイバースウォッチは基本的に冷水の中で使う事を前提に作られています。そのため、まったく環境の違う熱いお湯に入る時に、時計を着けたままままだと故障する可能性がありますので、必ず外す必要があります。

万が一、内部に水が入ってしまった場合はどう対処すれば良いか?

故障や突発的な強い衝撃などで、通常は決して水が入り込むことがない高性能なダイバーズウォッチ内に、万が一水が入ってしまった場合があったとします。その際は、決して自分で何とかしようとせず、早急に修理に出す必要があります。

ネットの非正規販売店で買ったものでも修理してもらえるのか?

ダイバーズウォッチは、高額で故障して使えなくなってしまったら大きな損害となるため、特に修理体制の事前準備が大事なものです。そして、非正規の店舗やネットショップで買ったものはメーカー側で修理を必ず受け付けてくれる保証はありません。そのため、確実に修理を受け付けてもらうため、水入ってしまった場合は早急な修理が大事であるダイバーズウォッチを買う場合は、ブランドの直営店や正規代理店で購入し、修理の際に必要な書類などをあらかじめ完備しておくことが重要です。

世界最高レベルの防水レベルはどれくらいなのか

ダイバーズウォッチは100m防水機能を満たしていれば定義にあてはまるもので、大半の商品は100mから500mレベルの防水機能が付いている商品になります。一方でまれに1000m以上の水圧にも耐えられる商品も存在し、最高だと3000mから4000mくらいの水深でも水圧に耐えられ時計を使い続けられる商品があります。ただし、一部の人達を除いて、そんなに高い機能の時計を買う必要はありません。

広告募集中